【iPhone】アプリ内課金を防ぐ方法|App内課金を許可しない設定

アプリ情報

Apple Storeでアプリをインストールした後、間違えて購入して勝手に課金になるのが嫌という人におすすめの「アプリ内課金を無効」にする設定のやり方を解説

スクリーンタイムという機能を使うと設定ができる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スクリーンタイムとは

スクリーンタイムっていうのはiPhoneとかiPadでどれぐらい時間を使ったかっていうのがリアルタイムでレポートで確認できる機能で、自分や子供がアプリやサイトにどれぐらい時間を使ってるかっていうのが把握できる。

ねむくま
ねむくま

使いすぎてないか確認するのに便利な機能だね

設定できる機能は休止時間やアプリの使用時間の制限などいくつかある。
その中の一つにアプリ内の課金をできないようにする機能がある。

Appleで購入の管理方法は3つ

1.自分または子供のスマホ
スクリーンタイムでApp内課金を無効にする

2.自分と子供のスマホを共有してる場合
パスワードを入力しないと購入できないようにもできる

3.ファミリー共有グループにしてる子供が自分専用の端末を持ってる場合
「承認と購入のリクエスト」で子供から購入リクエストを選別・承認ができる

動画でも解説してるよ。

【iPhone】アプリ内課金を防ぐ方法

スクリーンタイムでApp内課金を無効にする設定・流れ

アプリ内課金を無効にする手順
  1. 設定を開くスクリーンタイムをオン
  2. 続けるをタップデバイスを選択
  3. コンテンツとプライバシーの制限をタップ
  4. パスコード入力
  5. コンテンツとプライバシーの制限をオンにする
  6. iTuneおよびApp Storeでの購入をタップ
  7. Appない課金→許可しないをタップ

1.まずiPhoneの「設定」>「スクリーンタイム」>「スクリーンタイムをオンにする」

スクリーンタイム

2.「続ける」>「これは自分用のデバイスです」or「これは子供用のデバイスです」を選択

スクリーンタイム2

・親の端末で内容を家族が変更できないようにする場合
「スクリーンタイム・パスコードを使用」でパスコードを作る
Apple IDとパスワードを入力する。

・子供の端末でスクリーンタイムを設定する場合
親のパスコード画面でパスコード入力>Apple IDとパスワードを入力

3.コンテンツとプライバシーの制限をタップ(1がオンの場合2を飛ばす)

コンテンツとプライバシーの制限

4.パスコード入力(2で設定した場合のみ)
5.コンテンツとプライバシーの制限をもう一度タップ


6.iTunesおよびApp storeでの購入をタップ

iTune・アップルストアで購入

7.App内課金>許可しないに設定する

App内課金しないに設定
ねむくま
ねむくま

これでアプリ内課金ができないように設定できたよ!

設定後、購入しようとした時の画面

アプリ内課金を出来ないようにした後、実際に購入しようとしたらどうなるか試してみた。

アプリ購入画面

1週間240円のプレミアムプランに登録を押すと「App内課金アイテムの購入は許可されていません。」という表示が出て購入できないようになりました。

間違えて購入したり課金したくない人はこの設定をしてみて♪

タイトルとURLをコピーしました