楽天ペイの支払元を「楽天キャッシュ」に設定する方法

楽天ペイの支払元を「楽天キャッシュ」に設定する方法 アプリ情報

楽天pay(ペイ)の支払元を楽天キャッシュに設定(登録)する方法。

支払元を楽天キャッシュにすると出来る事
  • 期間限定ポイントや通常ポイントも楽天payの支払いに使える
  • 楽天キャッシュにチャージできる
  • 家族や友達に楽天キャッシュを送れる
ねむくま
ねむくま

楽天ペイアプリを使って、楽天キャッシュで支払いたいなら設定するのがおすすめ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

楽天ペイの支払元を楽天キャッシュに設定する方法。

楽天payの支払元の設定で「楽天キャッシュを選ぶ」→「設定する」をタップ
チャージ方法で楽天カードもしくは楽天銀行を選んで、登録。
※初回設定時は「楽天銀行を登録する」と表示されます

楽天銀行口座の設定(チャージするには楽天Edyオンラインサービスを利用します。)と出てくるので→「次へ」をタップし、本人確認のため「支店名」と「口座番号」を入力してログイン

自動引落設定とワンタイムキーの入力

自動引き落とし設定とワンタイムキーの入力

自動引き落とし設定申込確認で「ワンタイムキーを送信する」をタップ
登録のメールアドレス宛に発行されたワンタイムキーを入力する。

楽天銀行の暗証番号を入力して申込をするをタップ

自動引き落とし設定申込完了

自動引き落とし設定申込完了。
「楽天銀行ログイン認証を完了してください。」と出るので「次へ」をタップ

ねむくま
ねむくま

これで、楽天銀行認証が完了して楽天銀行からのチャージが可能になるよ

「ポイントを自動的に使いますか?」とメッセージがでるので
→「はい(おすすめ)」か、「いいえ」を選択

通常のポイントはもちろん、期間限定ポイントも使える!家族や友達にも送れる!

楽天ペイ支払元の楽天キャッシュが選択できない場合

楽天ペイの支払元の楽天キャッシュが選択できない理由はチャージ方法の設定で楽天カードか楽天銀行が必要だから。

※ちなみに、初回お支払元の設定時は「楽天銀行を登録する」と表示されます

amu
amu

楽天銀行は、金利が他銀行よりも多いからこの機会に作ってみるのもいいかも。現時点で300万円以下なら0.1%(税引前)つくよ。マネーブリッジの設定とか条件付きだけどね。

楽天ペイ支払い時にポイントを使う

支払元が楽天キャッシュで支払い時にポイントを使うには、楽天payコードQR払いのお支払元の下にある「すべてのポイント/キャッシュを使う」にチェック

支払い時に「ポイントを使う」にチェックして支払うだけ。

「設定」では

  • 「使う・使わない」のポイント利用設定と
  • 「次回もこの設定を使う」

の設定が可能で毎回ポイントを使うならチェックを入れて「OK」をタップすれば毎回ポイントを使うことができる。

支払うときはコードQR払いの「バーコードをお店の人に提示」するか右下にある「QR読み取り」対応店舗で簡単に支払いができる。

チャージ・送るでは、設定したチャージ方法からのチャージと楽天キャッシュの送金ができる。
連絡先にいない人にもリンクを発行することでシェアして簡単に送れるよ!

タイトルとURLをコピーしました